最後の嘘工場

嘘と嘘じゃないものとそれ以外

6/9


自分のことをずっと何かの病気に違いがないとずっと思っていたら案の定AがDでHのDだったらしくてダハハwウケるwと笑ったけれど、まあこれはこれでよかったのかなあと思う。噂のストラテラを使った治療をいずれ始めるらしい。変わればいいなあ。とりあえず普通に普通の生活が苦労なく送りたい。健常者になりたいという願望が治らなくて勝手にひた走っている感じはあるのでちょっとまずい。薬に期待しすぎている。気をつけよう。

医者の勧めで学校のカウンセリング室へ行った。散々母に言われて行かなかったのに医者の一声で行くなんて、母への罪悪感で堪らなくなったけど、とにもかくにもいかなくてはならなかったので勢いで予約。学校へ行くのはもう1ヶ月以上ぶりだった。まだ始まって2ヶ月なのに……何やってるんだろうね……

カウンセラーの人はすごく親切に話を聞いてくれて、話を聞いてくれる人がいるありがたみでちょっと泣きそうだった。別に何もなくていいからちゃんと聞いてくれるってのは、それが仕事でも嬉しい。いろいろアドバイスもくれて、それが実を結ぶかどうかはさておいて(さておくな)そういう風に自分に向き合ってくれる人がいるという事実が嬉しかった。ちょっと頑張ろうと思った。この気持ちがいつまで続くかわかんないけど、とりあえずそうおもえたことは大事だよねえ?